ニチレイフーズは31日、家庭用冷凍食品のほぼ全品の出荷価格を来年2月1日納品分から約6〜20%引き上げると発表した。昭和産業も天ぷら粉やホットケーキミックスなど31品を来年1月4日納品分から約2〜15%値上げする。いずれも原材料価格の高騰などが要因としている。

 ニチレイフーズは「本格炒め炒飯」や「お弁当にGood! ミニハンバーグ」など、売上金額ベースの95%に当たる家庭用冷凍食品を値上げ。業務用の冷凍食品と常温食品全品の出荷価格も約5〜25%引き上げる。

 昭和産業の「天ぷら粉黄金」の希望小売価格は356円から368円に変わる。