財務省は31日、政府、日銀が外国為替市場で10月(9月29日〜10月27日)に実施した介入額が6兆3499億円だったと発表した。月間の円買いドル売り介入額としては9月の2兆8382億円を上回り、2カ月連続で過去最大を更新した。

 日米金利差の拡大を背景とした今回の円安局面での介入額は、9月からの累計で9兆1881億円となった。円相場は10月21日の介入直前に付けた1ドル=151円94銭からは戻したものの、31日も148円台で取引されるなど歴史的な円安水準が続いている。

 財務省は毎月末に月間の介入総額を発表しており、31日は10月分を公表した。