【ワシントン共同】米財務省は10日、主要な貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し、日本や中国、台湾など7カ国・地域を通貨政策の「監視対象」に指定した。