ダイハツ工業は11日、中国の電気自動車(EV)電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)から車載用電池の供給を受ける契約に関して同社と基本合意したと発表した。脱炭素化に伴いEV需要が高まる中、電池を安定調達するのが狙い。軽や小型車向けの共同開発も実施する。

 電池はEVの価格を左右する中核部品とされ、コスト抑制や安定調達が課題だ。ダイハツはEVの低価格化につながるとして、生産規模の大きいCATLからの調達を決めた。2025年までに商品化する軽EVにCATL製の電池を搭載する見通しだ。