【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比24銭円安ドル高の1ドル=139円50〜60銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1.0390〜0400ドル、144円93銭〜145円03銭。

 朝方に発表された10月の米小売売上高の伸び率が市場予想を上回ったのを手がかりに、ドル買い円売りが先行した。その後公表された10月の米鉱工業生産指数が予想に反して低下したのを受けてドルが売られ、もみ合う展開となった。