22日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸し、2万8000円台を回復した。外国為替相場で円安ドル高が進行したことで輸出関連銘柄が買われ、相場をけん引した。割安株を物色する動きも広がり、幅広い銘柄が値上がりした。

 終値は前日比170円95銭高の2万8115円74銭。東証株価指数(TOPIX)は22.18ポイント高の1994.75。出来高は約12億428万株だった。