29日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=138円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比03銭円高ドル安の1ドル=138円27〜29銭。ユーロは02銭円安ユーロ高の1ユーロ=143円50〜54銭。

 中国政府が徹底的な新型コロナウイルス対策を緩和するとの観測が広がり、人民元に対してドルが売られ、この流れが円相場にも波及し、ドルが売られて円が買われた。午前中は米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に利上げを続けるとの見通しから、日米の金利差拡大を見込んだ円売りドル買いが進む場面もあった。