6日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=136円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比1円82銭円安ドル高の1ドル=136円94〜95銭。ユーロは1円26銭円安ユーロ高の1ユーロ=143円65〜69銭。

 前日発表された米国の非製造業景況調査が景気の底堅さを示す結果となり、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めが長期化するとの見方が強まった。これを受け米長期金利が上昇。日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが優勢となった。