【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに小幅反落し、前日比37.83ドル安の3万2394.25ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが継続することへの警戒感が再燃して売りが優勢となり、一時は140ドル弱下げた。

 米南部ノースカロライナ州の中堅銀行による米シリコンバレー銀行(SVB)の買収発表などを背景に金融システムへの不安が後退した。一方、FRBの金融引き締めが続くことが改めて意識され、売りを誘った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続落し、52.76ポイント安の1万1716.08。