シャープが11日発表した2023年3月期の連結純損益は2608億円の赤字(前期は739億円の黒字)だった。液晶パネル市況の悪化や、液晶事業を中心とした減損損失の計上が響いた。赤字に転落するのは17年3月期以来6年ぶり。売上高は前期比2.1%増の2兆5481億円だった。

 22年6月に海外ファンドから買い戻して完全子会社化した液晶パネル製造の「堺ディスプレイプロダクト(SDP)」(堺市)の業績が悪化。収益性の低下などに伴い、減損損失を計2205億円計上した。

 24年3月期の連結業績予想は売上高が0.5%増の2兆5600億円、純損益は100億円の黒字転換を見込む。