【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比115.80ドル高の3万4837.71ドルで取引を終えた。朝方発表された米雇用統計を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを停止するとの期待感が強まり、上げ幅は一時250ドルを超えた。

 8月の雇用統計で失業率は3.8%と、前月から0.3ポイント悪化。労働者の需給逼迫が和らいだことを示し、利上げ停止の可能性が意識された。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は6営業日ぶりに反落し、3.16ポイント安の1万4031.81。