21日午前の国債市場で、長期金利の指標である新発10年債(371回債、表面利率0.4%)の利回りが上昇し、一時0.745%を付けた。2013年9月以来、約10年ぶりの水準。前日の終値利回りは0.720%だった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めが長引くとの観測が強まり、米国の長期金利が上昇した。この流れが波及し、日本の国債にも売りが出て利回りが上昇した。