週明け25日午前の東京外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=148円49銭近辺を付けた。昨年11月上旬以来、約11カ月ぶりの円安水準となった。