西村康稔経済産業相は26日の閣議後記者会見で、27〜30日の日程でフランスに出張すると発表した。パリで開催される国際エネルギー機関(IEA)主催の重要鉱物や脱炭素に関する国際会合に出席する。

 西村氏は「クリーンエネルギーや蓄電池などに不可欠な重要鉱物に関し、特定国に依存しないサプライチェーン(供給網)構築の機運が高まっている」と述べた。パリでは、各国の関係閣僚や海外の大手資源会社のトップとも会談する。