住友生命保険が2024年度に、営業職員約3万人を対象に平均7%以上の賃上げを実施する方針を固めたことが17日、分かった。23年度の5%を上回る。労働組合との協議を経て正式決定する。第一生命ホールディングスは内勤職員と営業職員の平均7%賃上げ、明治安田生命保険は内勤職員の年収を平均7%上げる方針を固めている。

 住友生命は、運動や健康管理の取り組みで保険料が安くなる健康増進型保険「バイタリティー」の販売実績や、販売後の顧客への対応状況に応じて給与を加算する。給与制度の改革も行い、3年目以上の職員は平均10%、3年目未満であれば平均5%の賃上げとなる見込み。