30日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=147円近辺で取引された。

 午後5時現在は前日比24銭円高ドル安の1ドル=147円05〜07銭。ユーロは65銭円高ユーロ安の1ユーロ=161円04〜08銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が早ければ来年3月に利下げに踏み切るとの観測が広がり、日米金利差の縮小を意識した円買いドル売りの動きが優勢だった。

 市場では「米利下げがキーワードになりつつある。今週末にFRBのパウエル議長が公に発言する機会があり、注目が集まる」(外為ブローカー)との声があった。