【ニューヨーク共同】米紙ワシントン・ポストの従業員が所属する労働組合「ワシントン・ポスト・ギルド」は5日、7日に24時間のストライキを実施することを明らかにした。18カ月間にわたる労使交渉で昇給などを求めてきたが、経営側が誠意ある交渉を拒否したとしている。

 同紙は電子版の購読者数が伸び悩んでおり、10月に従業員の約10%に当たる240人を削減する方針を発表。解雇を避けるため希望退職を募るとしたが、組合によると、経営側は目標に達しない場合は一時解雇を行うと通告しているという。同組合には記者のほか、広告、販売などで働く従業員が所属している。

 最近は政治ニュースの関心低下で苦戦している。