8日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで前日から一時3円以上急伸し、1ドル=142円台を付けた。7日のニューヨーク市場では一時1ドル=141円60銭と8月上旬以来、約4カ月ぶりの円高ドル安水準となった。日銀の植田和男総裁が国会での質疑で金融緩和策の「出口」を示唆したと意識され、円を買い戻す動きが一気に加速した。円高を嫌気し、東京株式市場はほぼ全面安の展開となった。

 これまで金利が高く運用に有利とされたドルが買われ、11月まで約33年ぶりの水準に迫る円安ドル高が続いていた。日本が金融政策の正常化を模索する一方で欧米が利下げに転じれば、円高がさらに進む可能性もある。