23日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=147円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比47銭円高ドル安の1ドル=147円57〜59銭。ユーロは34銭円高ユーロ安の1ユーロ=160円98銭〜161円02銭。

 日銀は同日の金融政策決定会合で大規模緩和策の維持を決定。直後にはやや円売りドル買いが進んだが、その後の記者会見で植田和男総裁が物価目標について「実現する確度は少しずつ高まっている」と発言すると、今後の政策修正を巡る思惑から、逆に円買いの動きが強まった。

 市場では「総裁の発言はマイナス金利解除に向けた地ならしの印象を与えた」(外為ブローカー)との声があった。