25日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=147円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比11銭円高ドル安の1ドル=147円67〜69銭。ユーロは08銭円安ユーロ高の1ユーロ=160円77〜81銭。

 日銀が早期にマイナス金利を解除するとの観測で、日米金利差縮小を意識した円買いドル売りがやや先行したが、国内輸入企業の実需の円売りドル買いもあり、小幅な値動きが続いた。

 市場では「米国で重要な経済指標である国内総生産(GDP)の発表を控えており、投資家の様子見姿勢も強かった」(外為ブローカー)との声があった。