【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比52銭円高ドル安の1ドル=146円35〜45銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1.0866〜76ドル、159円16〜26銭。

 朝方発表された米雇用関連指標が労働需給の緩和を示したことで、インフレが鈍化するとの見方が広がった。米長期金利が低下し、日米金利差の縮小が意識されて円買いドル売りが強まった。