【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は4日、米アップルに制裁金約18億ユーロ(約2900億円)を科すと発表した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリ販売市場を巡り、支配的地位を乱用し音楽ストリーミング市場の競争を阻害したと判断した。

 欧州委はスウェーデンの音楽配信大手スポティファイなどの苦情を受け調査していた。アップルが、ユーザーが自社のアプリ市場「アップストア」外で安価な音楽配信サービスに切り替えるのを妨害していたとして、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)に違反すると判断した。

 欧州メディアによると、同法に基づき欧州委が命じた中では過去3番目に高額な制裁金となった。

 アップルは声明を出し、不服申し立ての手続きを行う考えを示した。

 欧州委は、アップルがアプリ開発者に、切り替えに必要な情報の提供を禁じたことで、多くの利用者が著しく高い料金を支払うことになった可能性があるとして問題視した。