週明け18日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=149円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比71銭円安ドル高の1ドル=149円28〜29銭。ユーロは83銭円安ユーロ高の1ユーロ=162円48〜55銭。

 日銀が18、19日の金融政策決定会合でマイナス金利政策の解除を決定しても、当面は緩和的な環境が続くとの見方が根強く、日米金利差を意識した円売りドル買いが優勢となった。

 市場では「米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ開始時期が遅れるとの観測が強まっていることも、円売りドル買いの動きにつながった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。