週明け25日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=151円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比07銭円高ドル安の1ドル=151円32〜33銭。ユーロは24銭円高ユーロ安の1ユーロ=163円63〜67銭。

 財務省の神田真人財務官が25日朝、円安進行をけん制したことで政府・日銀による為替介入への警戒感が高まり、円が買われた。国内輸入企業が実需目的でドルを買う動きもみられた。

 市場では「金融政策を決める日米の会合が先週で終わり、取引材料が乏しい」(外為ブローカー)との声が出ていた。