日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、景況感を示す業況判断指数(DI)が代表的な指標の大企業製造業で2023年12月の前回調査から2ポイント下落のプラス11となり、4四半期ぶりに悪化した。ダイハツ工業などトヨタ自動車グループで相次いだ認証不正問題による生産停止が響いた。

 大企業非製造業のDIは2ポイント上昇のプラス34と22年6月から8四半期連続で改善し、1991年8月調査以来約33年ぶりの高水準となった。好調なインバウンド(訪日客)需要や価格転嫁の進展が主因だ。先行きは製造業、非製造業とも悪化を見込んだ。

 製造業のDIは全16業種のうち7業種が悪化した。