【ニューヨーク共同】週明け8日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比19銭円安ドル高の1ドル=151円78〜88銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1.0855〜65ドル、164円85〜95銭。

 朝方に米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが広がった。一巡後は、米長期金利が上昇幅を縮めたことから円を買い戻す動きも出た。