12日の東京外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=153円38銭と1990年6月以来、約34年ぶりの円安ドル高水準を更新した。米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利下げ開始観測が後退し、日米金利差を意識したドル買い円売りが広がった。

 鈴木俊一財務相は12日午前に「行き過ぎた動きに対してはあらゆる手段を排除することなしに適切に対応を取っていきたい」と述べ、円安をけん制。為替介入も辞さない考えを示唆していたが、午後に円を売る動きが強まった。

 午後5時現在は前日比12銭円安ドル高の1ドル=153円24〜25銭。ユーロは77銭円高ユーロ安の1ユーロ=163円73〜77銭。