タレントのタモリさんが福岡県うきは市の「ふるさと大使」に就任し、初仕事として10月1日号の市広報誌の表紙に登場した。タモリさんの妻が同市吉井町出身で、小学校の同窓会が妻を通じて依頼。同窓会事務局長の竹下勲さん(76)は「ダメ元だったが『いいとも』という感じで快諾してもらった」と喜んでいる。

 うきは市は人口約2万9800人で、約50種類のブドウが栽培されるなど「フルーツの里」として知られているが、住民からは「県外での知名度はいまひとつ」との声も上がっていた。任期は2020年6月まで。市の担当者は「タモリさんの知名度で広く市をPRできたら」と話している。