初期の肺がんを患っていると公表し、手術を受けた落語家の三遊亭円楽さん(68)が12日、横浜にぎわい座(横浜市中区)で開いた独演会に出演し、元気に復帰した。

 独演会で、円楽さんは高座から観客に「戻ってまいりました」と話し、落語2席をじっくりと演じた。

 今後の活動は、術後の様子も見ながら進めていくという。

 円楽さんは9月28日に肺がんを公表し、その後手術を受けた。