現代アートのコレクションや展覧会で知られる「原美術館」(東京都品川区)を運営する財団は22日、2020年12月末に同美術館を閉館すると発表した。21年から群馬県渋川市にある別館に活動拠点を集約し、名称を「原美術館ARC」と改める。

 原美術館によると、建物の老朽化が進んだほか、今のデザインを生かしたままでバリアフリー化することなどができず、建て替えについても、都の条例で規制されているという。建物を含めた今後の利用法については明らかにしていない。

 原美術館は、1979年の開館。実業家原邦造宅の洋館を、当時の日本では珍しかった現代アートの専門館に改装した。