将棋の渡辺明棋王(34)に広瀬章人竜王(32)が挑戦する第44期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第1局は2日、金沢市の北國新聞会館で指され、午後6時、84手で後手の渡辺棋王が先勝した。

 渡辺棋王は7連覇を目指し、広瀬竜王は棋王戦初挑戦で二冠を狙う。

 戦型は相掛かり。序盤から細かな応酬となり、最後は渡辺棋王の読みが上回った。

 持ち時間各4時間のうち、残りは広瀬竜王8分、渡辺棋王41分。

 第2局は10日、富山県魚津市の新川文化ホールで行われる。