徳島県などでつくるアニメ映画祭実行委員会は13日、放火殺人事件の被害に遭った京都アニメーションが制作した映画「聲の形」を文化の森県立21世紀館(徳島市)で上映した。会場では募金も実施し、京都府が開設している義援金口座へ振り込む予定。

 「聲の形」は耳の不自由な少女と少年の交流を描いたストーリー。上映は12〜14日の予定だったが、12日は台風19号の影響で中止となった。実行委員会の委員が京アニに対する支援ができないかと上映を提案した。

 上映は県内で今月下旬に開かれるアニメイベント「マチ★アソビ」の関連企画。