多彩なエッセーやコラムなどで知られた評論家の坪内祐三さんが13日午前1時56分、急性心不全のため東京都品川区の病院で死去した。61歳。東京都出身。葬儀・告別式は23日午前9時半から東京都渋谷区西原2の42の1、代々幡斎場で。喪主は妻文子(あやこ)さん。

 月刊誌「東京人」の編集者を経て評論家に。「文庫本を狙え!」「新書百冊」などの読書案内のほか、靖国神社を文化史的にとらえた「靖国」、エッセー集「酒中日記」など著書多数。夏目漱石や正岡子規らの青春を追った「慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り」では講談社エッセイ賞を受けた。