日本ジオパーク委員会は21日、石川県白山市の「白山手取川」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに推薦すると決めた。ジオパークは貴重な地形や地質を持つ自然公園。推薦決定は2014年の「アポイ岳」(北海道)と「伊豆半島」(静岡県)以来となった。認定されれば国内10地域目になる。

 白山手取川は、山頂から海岸まで高低差2700メートルの間に広がる白山市全域が範囲。噴火による多様な地質や、川に沿って広がる扇状の地形が特徴となる。11年に国内版の日本ジオパークに認定された。

 日本ジオパークネットワークによると、国内版は現在43地域。