奈良国立博物館(奈良市)は23日、第72回正倉院展が24日から始まるのを前に、計59件(初出品4件)の展示宝物を報道陣に公開した。会期は11月9日まで。新型コロナウイルス対策で1時間当たり約260人に入場を制限する。当日券の販売はなく、前売りの日時指定券の購入が必要だが、ほぼ売り切れという。

 今回は、展示する宝物について動画投稿サイト「ユーチューブ」の「ならはくチャンネル」などで無料で動画配信する。

 展示品の「五色龍歯」は756年、聖武天皇の四十九日に東大寺大仏に献納された薬の一部。ゾウの歯の化石で、漢方薬として用いられ鎮静などの薬効があるとされる。