熊本地震の最初の激震「前震」から5年の14日、天守閣の修復を終えたばかりの熊本城(熊本市)で、復興を願う夜通しのライトアップが行われ、夜空にしっくいの白が浮かび上がった。城内にある加藤神社ではキャンドルに火がともされ、城を背景に淡い光が広がった。

 参拝者らは足を止め、熊本城や加藤神社のキャンドルが織りなす幻想的な光景に見入っていた。神社での演出は、ろうそくを使ったイベント演出を手掛けるアーティスト、キャンドル・ジュンさんの団体が企画した。

 夜通しのライトアップは15日も実施予定。