東大寺大仏造立に携わった奈良時代の高僧・行基(668〜749年)が畿内に建立した「四十九院」の一つ「長岡院」の有力候補地、菅原遺跡(奈良市)で、柱穴が円形に並ぶ異例の建物跡(8世紀中ごろ)が見つかり、20日、元興寺文化財研究所(同市)が発表した。円形建物は故人を供養するために建てられるといい、今回の建物は行基の供養のため建立された仏塔の可能性がある。

 四十九院で現存している寺は10カ所もないとされ、実態を知る手掛かりとなりそうだ。

 円形建物跡は方形区画の中心にあり、区画は推定で1辺約36〜38m。区画西側は幅3mの回廊で、柱穴は30カ所以上見つかった。