囲碁の一力遼碁聖(24)に井山裕太三冠(32)が挑戦する第46期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第1局は26日、岡山県倉敷市のマービーふれあいセンターで打たれ、午後5時、135手で井山三冠が黒番中押し勝ちし、先勝した。

 シリーズ開幕戦は序盤から激しい戦いに。中盤、鋭い一手から優勢を築いた井山三冠が白星をつかんだ。井山三冠は4期ぶりの碁聖位を目指し、一力碁聖は初防衛が懸かる。

 持ち時間各4時間のうち、残りは一力碁聖30分、井山三冠30分。

 第2局は7月12日、仙台市のホテル佐勘で行われる。