囲碁の一力遼碁聖(24)に井山裕太三冠(32)が挑戦している第46期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第5局は29日午前9時、東京都千代田区の日本棋院で始まった。最終局を制してタイトルを獲得するのは、一力碁聖か、井山三冠か。

 第5局は白番、黒番を決める「握り」があらためて行われ、一力碁聖が黒番に。初手は右上隅の星で、シリーズの決着をつける対局が始まった。一力碁聖は初防衛、井山三冠は4期ぶりの碁聖獲得が懸かる。

 立会人は片岡聡九段。持ち時間各4時間で、同日中に決着する予定。