囲碁の第46期名人戦7番勝負の第7局は4、5の両日、静岡県河津町で打たれ、井山裕太名人(32)が129手で挑戦者の一力遼天元(24)に黒番中押し勝ちし、4勝3敗で防衛、棋聖、本因坊、碁聖と合わせ四冠を維持した。名人獲得は2期連続8度目。

 井山名人は今年、棋聖、本因坊に続くタイトル防衛で、2日制の7番勝負で争う3タイトルを全て守った。8月に奪取した碁聖を加え現在四冠で、進行中の王座戦に五冠復帰が懸かる。芝野虎丸王座(21)との王座戦5番勝負は第1局が終わり、井山名人が先勝している。