将棋の藤井聡太三冠=王位・叡王・棋聖=(19)が豊島将之竜王(31)に挑戦していた第34期竜王戦7番勝負第4局は12、13日、山口県宇部市で指され、122手で後手の藤井三冠が勝って4連勝で奪取、四冠になった。19歳3カ月の4タイトル同時保持は史上最年少。全八冠のうち四冠は現在の最多で、将棋界は本格的な「藤井時代」に入った。

 藤井新竜王は「実感がないのが正直なところ。自分の足りないところを感じたシリーズでもあった。内容的には課題が多いので改善していきたい」と話した。

 四冠達成は史上6人目で、最年少は1993年、羽生善治九段(51)の22歳9カ月だった。