岩波書店は4日までに、東京農業大教授の黒滝秀久さんの著書である岩波ジュニア新書「森の日本史」(今年10月刊行)と、同「榎本武揚と明治維新 旧幕臣の描いた近代化」(2017年12月刊行)の2冊の記述に「文章の無断転用」を確認したと発表した。著作権侵害に当たるとして2冊を絶版とし、今後の販売を停止して回収する。

 同社によると、読者から指摘があり、この2冊の複数の箇所に他の書籍からの無断転用を確認。黒滝さんも無断転用を認めたという。同社は「読者の皆様の信頼を損なうことと重く受け止めております」としている。

 購入した人には同社が送料を負担し回収・返金に応じる。