ピーター・ボグダノビッチさん(米映画監督)米メディアによると6日、ロサンゼルスの自宅で死去、82歳。自然死という。テキサスの田舎町を舞台にした青春映画「ラスト・ショー」(71年)で高い評価を受け、その後も数々の作品を手掛けた。

 39年、東部ニューヨーク州キングストン生まれ。映画批評の執筆などを経てハリウッドへ移り、本格的に映画製作の道へ。代表作に「おかしなおかしな大追跡」(72年)、「ペーパー・ムーン」(73年)などがある。(ロサンゼルス共同)