テレビドラマ「北の国から」の主人公黒板五郎役で知られ、昨年3月に88歳で死去した俳優田中邦衛さんの命日の24日、ロケ地の北海道富良野市で、一周忌に合わせた式典が開かれた。

 脚本を手掛けた倉本聰さんも出席し、「1年は早く、死んだという気がしない」と話した。また「けじめをつけるため」として、5月ごろに市内にあるロケ施設「五郎の石の家」に黒板五郎の墓を設ける考えを明らかにした。

 式典には、ファンや関係者ら約50人が列を作り献花した。

 「北の国から」は、電気や水道もない自然の中でたくましく生きる家族を描いた。