囲碁の井山裕太碁聖(32)への挑戦者を決める第47期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)本戦トーナメントの決勝は16日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、午後5時39分、219手で一力遼棋聖(24)が余正麒八段(26)に黒番中押し勝ちし、挑戦権を獲得した。

 一力棋聖は仙台市出身。前々期の第45期に碁聖を初獲得したが、前期、井山碁聖に敗れ失冠。今期、リターンマッチでの復位を目指す。

 5番勝負は6月24日に大阪市の日本棋院関西総本部で開幕する。井山碁聖と一力棋聖による七大タイトル戦の挑戦手合は11度目。今年は、棋聖戦、進行中の本因坊戦に続いて3度目となる。