元日本将棋連盟常務理事で、引退棋士九段の有吉道夫(ありよし・みちお)氏が27日、誤嚥性肺炎のため死去した。87歳。岡山県出身。葬儀・告別式は30日午後1時から兵庫県西宮市高畑町2の25、エテルノ西宮で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。

 故大山康晴15世名人門下。1955年プロ棋士の四段となり、79年に九段昇段。“火の玉流”と呼ばれる激しい攻めでファンを魅了した。

 名人戦挑戦者を決める順位戦は、最上位のA級に通算21期在籍。タイトル戦には9回登場し73年に棋聖を1期獲得した。2010年に現役を引退した。通算成績は1088勝1002敗。