日本将棋連盟は1日、アマチュア強豪の小山怜央さん(29)が挑むプロ棋士編入試験5番勝負の第1局を28日に実施すると発表した。新人棋士5人と対戦し、3勝すれば合格。初戦で徳田拳士四段(24)と対戦する。

 小山さんは9月13日のプロ公式戦に勝利し、直近の成績が規定の10勝5敗となり、受験資格を獲得。棋士養成機関の奨励会を経ずに、現行の編入試験を受けるのは初となる。

 現行制度の受験者は、里見香奈女流五冠(30)に続き4人目。里見五冠は5番勝負に挑み、対戦成績0勝3敗で不合格となった。

 小山さんは全日本アマ名人戦、全国アマ王将位大会優勝などの実績を持つ。