第46回日本アカデミー賞の授賞式が10日、東京都内のホテルで開かれ、石川慶監督の「ある男」が作品賞や監督賞など最多8部門で最優秀賞を受賞した。

 「ある男」は平野啓一郎さんの小説が原作。死別した夫の身元調査という依頼を受けた弁護士が、別人として生きた男の真実を追うミステリー。出演の妻夫木聡さんが主演男優賞を受賞。窪田正孝さんと安藤サクラさんも、助演男優賞と助演女優賞にそれぞれ輝いた。主演女優賞には「ケイコ 目を澄ませて」の岸井ゆきのさんが選ばれた。

 アニメ作品賞は原作者の漫画家、井上雄彦さんが監督した「THE FIRST SLAM DUNK」。