【ニューヨーク共同】訪日客を誘致する催し「ジャパンウイーク」が14日、米ニューヨークのグランドセントラル駅で始まった。目の錯覚を利用して立体的に見える作品で日本の観光情報を紹介し、来場者に写真共有アプリ「インスタグラム」を使った情報の拡散を促した。17日まで。

 作品は7種類で、広島・厳島神社や東京・浅草寺といった観光地のほか、すしやラーメン、夏祭りなど。期間中にインスタグラムを使用した写真コンテストを実施している。

 富山県高岡市の鋳物メーカー「能作」は昨年からニューヨーク近代美術館(MoMA)で販売されているスズ製のインテリアグッズを展示した。