敬老の日を前に、日本生命保険が11日発表した老後に関する意識調査によると、定年退職後に夫婦でゆとりを持って暮らすのに必要な生活費は平均で月27万6千円だった。年代別では60代が30万1千円で最高だった。担当者は「若いうちに老後の資金対策を取ることが重要だ」としている。

 8月にインターネットで7473人の契約者を対象に調査した。30代は26万5千円、40代は26万4千円、50代は27万9千円だった。

 回答者の25.8%が老後の移住を希望。移住先の都道府県は東京が首位で沖縄、北海道、神奈川と続いた。